藤井宏昌

ある日の教務

#266  そらで言えるようになろう

こんにちは。藤井です。 ブログも久しぶりに更新します。 公民的分野に入ったんですけれども、①日本国憲法の三大原則(三大原理)②日本国民の三大義務について、そらで言えるでしょうか? ①は、「国民主権・平和主義・基本的人権の尊重」②は、「勤労の...
0
ある日の教務

#265 社会科に関する質問にお答えしました

こんにちは。藤井です。先日、関東在住のある方から社会科の復習のしかたについて相談があったんです。このブログを読んで下さっている方でして、「社会科の中でも歴史が苦手、特に鎌倉時代が苦手なのでどうしたらいいでしょうか」という質問でした。僕は、...
0
ある日の教室

#264 中途半端な打席では打率は上がらない~浅村栄斗(楽天)の言葉

こんにちは。藤井です。今日は土曜日。朝9時から塾を開けています。高校生の定期テストウィークになっていますので、朝から高校生が熱心に勉強しています。もちろん、中学生も。中学3年生は、同じフロアで勉強している高校生の姿を見て、「あの先輩、めっ...
0
ある日の教務

#263 笑顔とアイスクリーム

こんにちは。藤井です。僕が今、大切にしていることは、 「笑顔」と「励まし」です。講師が笑顔で授業をしないと、生徒はやる気をなくします。東大寺南大門の金剛力士像みたいに、しかめっ面をして、機嫌悪そうに授業をするのは、お互いマイナスにしかなり...
0
ある日の教務

#262 満点狙いの勉強をしよう

こんにちは。藤井です。 やるからにはテストや模試で満点を狙いたい。 そう思っている人は少なからずいます。 範囲が決まっている定期テストなら尚更です。 しかし、僕が挑み続けている歴史検定は、級によって幅はありますが、範囲なんてものは存在しませ...
0
ある日の教務

#261 悩みは分かち合うもの

こんにちは。藤井です。久々にブログ更新します。毎回の熱血期間を通して思うことなんですけど。社会科が苦手な生徒の気持ちを考えてあげないといけないなと。苦手な教科でもやらないといけないのは生徒も分かってるんです。でも、覚えるのが大変とか、用語...
0
ある日の教務

#260 実力がついたと感じる時は?

こんにちは。藤井です。 急に蒸し暑くなったように感じますが、くれぐれも熱中症には気をつけて下さいね。 ところで、「実力」って、どんな時についたと感じますか?小テストで満点取った時ですか?定期テストで前回よりも成績が上がったときですか?...
0
ある日の教務

#259 大風呂敷広げてもかまへんやんか!~G+PDCAサイクル

こんにちは。藤井です。ブログの更新が滞ってしまっておりまして、申し訳ございません。   熱血Sunday。 朝から多くの生徒が勉強に取り組んでいます。午前中が部活だったり、一日練習試合であっても、必ず塾に来るように呼びかけ、約束しています。...
0
ある日の教務

#258 あこがれとは…

今から38年前のことです。 小学校の卒業文集の「将来なりたいもの」に、「デパートの社長」と書いたのを今でも覚えています。 母親に「へー、なれるんかしら?」と皮肉られたものですが、当時の私には「働く」ということがどういうものなのか、ピン...
0
ある日の教室

#257 成績アップとその先にあるもの

こんにちは。藤井です。 今日から熱血期間に入りました。 中間テストの結果を検証し、さらなる成績アップを目指して、生徒たちの次の戦いが始まりました。 「成績を上げさえすれば良い」とよく聞きますが、 成績を上げる前、上げた後であっても、 「生徒...
0