テストが終わってから、本当の差がつく。

頭の中

中間テストが集中する時期ですが、すでに終わった学校もあり、また五ツ木模試も控えていたりするのですが、本当に差がつくのは、テストが終わってからです。

テストの結果、点数、丸かバツか三角か。
それだけを見て終わりにしているようでは、次の点数アップは望めません。
どんな種類のテストでもそうなのですが、返却されたらすぐに見直しをし、解き直しをしている生徒がやはり伸びていきます。

平均点が気になるのも分かります。
順位が気になるのも分かります。
他人はどうだったのかというのも分かります。
自分は他人と比べてどうだったのかというのも分かります。

しかし、それで終わっているのであれば、今後はそれよりも下がるか、よく言って現状維持なわけです。

誰だって、前回よりは点数を上げたい。
誰だって、他人よりは上に行きたい。


そういう気持ちが少しでもあるのならば、講師のアドバイスを真摯に聞いて、すぐに実行する以外に方法はないのです。

何もしないで、「勉強の仕方がわかりません」というのは、「勉強していないに等しい」と言えると思います。

もう一度言います。
解き直しをしていく生徒が、成績はアップする
テストが終わってから、本当の差がつく

ということなのです。


創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
頭の中
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。