机の上に教材を山積みにして勉強しても…。

頭の中

熱血で勉強している生徒によく声かけをしますが、その時に机の上がどうなっているのかも、当然確認します。

見渡しますと、いろいろ教科の教材が山積みになっているのを見ます。これはあまりよくありません。

その理由としては、一つの教科を時間を決めて取り組むことが最も大事であるにも関わらず、他教科に目移りして途中で教科を変えてしまい、結局最初にやっていた教科が進まないからです。

山積みにしていれば、側から見ればものすごく勉強しているなという印象を受けますが、逆です。
その時間で何の教科をするのか、ということが把握できていないのです。
「50分で数学のワークを何ページまでやり終えるまでは、社会科は一切手をつけない」というようにしていかないといけません。

授業中でも、数学の時間なのに他教科の教材を出したままにしている塾生も、これまでに何人も見てきましたし、そのたびごとに厳しく注意してきました。

机の上の教科は一つ

これをやるだけでも、個人差は当然ありますが、勉強のはかどり方が違うと思います。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
頭の中
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。