#695 消えた地図記号。

ある日の教務

今日は教務的なことを一つ。

地理の単元の中に「身近な地域・地形図の読み方」というのがあります。
その中でもなかなか覚えづらい経験をしたこともあるかと思いますが、「地図記号」というのがあります。

実は、現在2万5000分の1地形図では使われなくなかった地図記号があるんですね。


少なくとも僕が学生のころに学んだ地図記号も、今では使われなくなったんですね。
工場・桑畑など、教科書にある地図記号も、使われなくなっているものがあります。

「その他の樹木畑」がこんな地図記号だったんだなと、改めて勉強になるものもありました。
もっとも、この地図記号だと「〇」で表す市区役所・役場と間違えそうですね。

こうしたことは、学校でもなかなか情報として入ってきません。
このことが即入試でどうなるか、というのははっきり言ってわかりません。

社会科は他の教科と違って、常に新しい情報をキャッチしておかないといけませんからね。



創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。