#692 「じゃあオレも、ワタシも」って…。

頭の中

こんにちは。

大阪の緊急事態宣言は6月20日で解除となりますが、「まん延防止措置」が取られることになりますので、引き続きコロナ感染拡大防止につとめていきましょう。
来週から期末テストを迎える学校があり、土曜日も日曜日も朝9時から夜9時まで開放しています。

中学3年生は第1回目の実力テストもありましたから、なかなか大変な2週間です。
しかし、高校受験をする以上は避けて通れない道です。
自分の行きたい高校に近づきたいのであれば、地道に勉強していく以外に方法はありません。

突拍子もないこと、つまり「○○日間で偏差値○アップ!」なんていうとても信用できない文言の参考書か何かをやって、「こんなはずではなかった」という生徒も目にしてきました。
(そういう謳い文句のある参考書や問題集は絶対におススメしません。信用できないんで)

自分の手元にある学校のワークの問1の(1)からやろうともせず、それで成績を上げたいなんて思わないで下さい。

黙って塾に来て、黙って勉強して、授業を受ける。
そういう積み重ね以外に何の方法があるんですか。

「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」っていうのは、今までろくに勉強してこなかった人が陥っている習慣です。
「友達が熱血に行っているから、じゃあオレも、ワタシも」なんていう意識で勉強しても、効果は全然上がりません。
「友達があの高校を目指すみたいだから、じゃあオレも、ワタシも」という意識で勉強しても、結果は目に見えてます。

受験するのは自分なんですからね。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
頭の中
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。