#687 3日前の夕食のメニューをすべて即答せよ。言葉を変えて言い続け、書き続ける。

ある日の教室

こんにちは。

毎週月曜日は集団授業がないので、個別指導の夜となっています。
昨日から加賀屋中学校の生徒が熱血期間に入りました。
早速、学校のワークに取り組んでいる姿がありました。

また、熱血ではないのに「実力テストとかもあるんで」ということで、夜塾に来て勉強している中3生の姿もありました。

塾の授業の時間は限られていますから、いかに授業以外の時間を使うかが大切になってきます。

「何度も同じことを書かなくていい。それくらい分かっている」という声が聞こえてきそうなんですけれども、人間というのは忘れる動物です。

試しに、「3日前の夕食のメニューをすべて言え」と言われたら、即答できますか?

これ、授業中に生徒に聞いてみたんですけど(もちろん、正解は分からないですが)、即答できる生徒はいませんでした。

いや、これが悪いわけではありません。
数日前のことも忘れてしまうのが、ごく自然だということなんです。

だったら、言葉を変えて、同じ内容を言い続け、書き続けるしかない。

講師の先生方にも、熱血がいつから始まるという事務的な連絡だけではなく、現状のでき具合を踏まえてどのように勉強を進めればよいか、何から始めていけばよいかを具体的に指示するように毎週お願いしております。

一回言ったから大丈夫だろう、では決してありません。

ちょっと授業が始まる時刻より早く来た生徒には、創心館中間テストの結果を踏まえ、期末テストに向けて「まずは中間テストの数学をやり直してみよう」「社会科のワークをすぐに始めよう」など、具体的なアドバイスをすることもあります(昨日、中学1年生の個別生にさせて頂きました)。

アドバイスを受けたらすぐにやる。

自戒を込めて、サポートしていきたいと思います。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室頭の中
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。