#633 中学2年生。先輩たちは私立高校を突破した。君たちは入試に向けてどれだけ早く意識できるか。

ある日の教室

こんばんは。

夜8時20分の光景です。

昨日、中学3年生すべての生徒の私立高校合格が決まり、速報を出させて頂きました。

公立組は3月の入試に向けて、すでに気持ちを切り替えて勉強に取り組んでいます。
中学1年生・2年生は2週間後の学年末テストに向け、熱血期間に入っています。

私立高校を専願で合格した生徒も、夜に塾に来て、高校での基礎となる中学の教材を解いております。

すでに中学2年生の何人かには伝えたのですが、公立入試当日に中学2年生全員に集まってもらい、「今日から受験生宣言」となる集会を開きたいと思っております。
中学2年生にとっては、1年後の入試を意識させ、先輩たちに続いて塾に足を運んで勉強する以外、学力を上げる方法はないということを伝えるつもりです。

中学3年生になってからではなく、中学2年生のうちから入試を意識させることがどれほど大事か、ということなんです。

「部活があるから忙しくて勉強できない」
というセリフを毎年耳にするんですが、はっきり言って甘いですね。

部活を言い訳にしているようでは、とても入試を乗り切る、高校生になるなんてことはまだまだ遠いんです。
部活が忙しくても、塾の授業を一度も休まずに来ている生徒もいます。

だからこそ、「まだまだ1年あるから何とかなる」という意識を捨て去らせないと、「こんなはずではなかった」となってしまいます。

まずは、学年末テストで成績を確保し、内申をきっちり取ることを目標に、背中を押し続けたいと思います。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。