#627 毎日の当たり前の光景。

ある日の教室

13時10分。
出勤。

パソコンを立ち上げる。
すべてのゴミ箱の袋の取り換え。
シュレッダーのクズをまとめる。
机をクリーナーで拭く。
フロアをダイソンで掃除。
トイレ掃除。
LINE・メールの返信。
自習記録表のラミネート。

等々。

私が、生徒が塾に来る前に必ずやっているルーティーンです。

これが毎日の当たり前の仕事です。

15時30分。
最初に自習にやってくる受験生。
机に座ると、すぐに教材を取り出し、勉強を開始しました。

これが9月以降、ほぼ毎日続いています。

受験生は学校が早く終わるので、少しの時間も無駄にすることなく、勉強に打ち込んでいます。

15時45分。
制服姿の受験生が塾に。


すべての生徒に気持ちよく勉強してもらいたい。
すべての生徒に気持ちよく授業を受けてもらいたい。
すべての講師の先生に気持ちよく授業をして頂きたい。

塾にお見えになるすべての方を気持ちよくお迎えしたい。

そうした思いが日々のルーティーンとなっています。

入試が終わっても、新年度を迎えても。
こうした当たり前の光景が続きます。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。