#601 「勉強の仕方が分からない」=「勉強していないから分からない」

頭の中

こんばんは。
夜は凍えるような寒さの中、自転車をこいで帰宅するのが修行のようになってきました。
お体には十分お気をつけ下さい。

今日はちょっと辛口で。

「勉強の仕方が分からない」というのは、「勉強していないから分からない」といえるでしょうね
勉強の仕方を教えても、それをやらなくて「勉強の仕方が分からない」というのは論外ですけどね。

ただ、何が正解というのはありません。
いろいろ試してみて、自分に合った勉強の仕方を学ぶ以外に方法はないんです。
そのためには時間が必要です。
特に中学1年生や2年生。

この冬期講習会で「勉強の仕方」を学ぶ絶好のチャンスじゃないですか。
時間も75分ですし、期間も1月8日まであります。
塾生は熱血期間を通して、学校の定期テストで成績を上げるための勉強の仕方を学んでいるはずです。
成績が上がれば、それを続けてやろうとしますし、成績が下がったら、別の方法を考えて次の試験に活かす。

これが普通なんですよ。

時間をかけて、いろいろ試してみてこそ、勉強の仕方は身につくんですよ。
「短期間で成績が上がるようになりたい」というのではありませんからね。
そういう考えの人こそ、普段から勉強しないで楽なほうへ流されてしまう人なのではないですか。


グサッと来た人、今がチャンスですよ。


創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
頭の中
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。