#592 高校生も熱血期間を。

ある日の教務

こんにちは。

12月に入りましたが、通常授業・入試対策講座とも、12月18日(金)まで続きます。
各講師は、授業のたびごとに声かけをし、ハッパをかけて励ましています。

私立高校もそろそろ受験校を決定する時期になりましたが、大切なのは地道に学力をつけることです。
これなくしては入試を突破することはできません。

そして、先の高校3年間も見据えておかなければなりません。
大学入試は、指定校推薦、公募推薦、一般入試と様々なタイプがありますが、共通しているのは学校の授業をどれだけ聞けているかです。
特に高校は内申点を重視しますので、学校の定期テストでいかに納得できる点数を取れるかに尽きます。

「欠点や赤点さえとらなければいい」というのは、実際に受験をするときになって不利になってしまう可能性があります。
高校生は定期テストの日程が各学校でまちまちではありますが、2週間前から熱血期間を自分で設けて、土曜日日曜日関係なく勉強し続けることが大切なんです。

中学生であっても高校生であっても、熱血期間を大切にし、特に高校生はこれから始まる定期テストに向けて、ギアを上げていってほしいと思います。


創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。