#577 熱血開始。ただひたすらに向き合う。

ある日の教室

こんにちは。

今日から統一の熱血期間の開始です。
しかし、今日を待たずに昨日から早く塾に来て勉強している中学1年生・2年生の姿がありました。

2学期の中間テストで点数を落としてしまった生徒は、ここで取り返すつもりで勉強を早めにスタートさせないといけません。
学校のワークなどは宿題になるはずですから、ぱぱっと終わらせて、ひたすら演習に取り組んでいくことに尽きます。
テストの前の日になって宿題をやっているようでは、下がった点数を取り返すことはできません。

私たちは目の前の生徒に向き合い、ただひたすら指導に徹します。
安直なテクニックなどを追い求めるのではなく、やらなければいけないことをただひたすらやるんです。

中学3年生の実力テストも返却されてきましたが、日常の勉強の取り組み度合いが、そのまま点数に表れています。
この日曜日には五ツ木模試があり、それが終われば定期テストに「全集中」する。
このメリハリをしっかり持たせられるような指導に徹していきます。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。