#540 社会科、ここまでやりますよ。

ある日の教務

こんにちは。今日もよろしくお願いします。

さて。
昨日は中学3年生の入試対策講座と通常授業を行いました。


入試対策講座は、歴史の中世から安土桃山時代まで。
多くの受験生はこの時代を苦手、というよりもなかなか手が回っていないようです。

夏期講習でも勉強合宿でも、かなり説明しましたが、この時代は何度もやらないとなかなか身にはつきません。
中世というのは「鎌倉時代・室町時代」をさし、期間もそれほど多くはありません。
しかし、模試を見てもなかなか取れていないのが現実です。
ならば、説明するチャンスを作らなければなりませんね。
わずか50分で伝えられることは限られているんですが、ここまでやる塾は近隣にはないでしょうね。



通常授業は公民を進めています。
経済分野を進めておりまして、予定通りのペースで公民を終えられそうです。
通常授業は先取りが主体ですので、早めに公民を終わらせて、入試問題をガンガン解いていきたいと思います。

プロジェクターを使う場合と使わない場合とがあるんですが、いずれにしても、ここまで徹底して社会科の授業をしている塾は近隣にはありません。

入試では理科と社会がカギを握っています。
後回しというわけには絶対にいきません。

また、中学2年生は10月4日(日)の夜を使って中間テスト対策授業をします。
範囲は、九州・中四国・近畿地方です。
日本地理を苦手としている生徒も多いので、ここで高得点を狙わせたいと思います。

今日もがんばっていきましょう!

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。