#530 「静」なる空気、たまには「動」に。

ある日の教室

こんにちは。

今日は朝9時から夜9時まで教室開放しています。そして、明日は第4回五ツ木模試です。


明日9月13日(日)は住之江校は終日閉館となりますので、お間違いないようにお願い致します。

私は13時過ぎに出勤し、朝から出勤しているスタッフと15時で交代しましたが、すでに中3生が塾に来て勉強に打ち込んでおりました。
このブログを書いている時間も、今までにやったテキストを中心に黙々と勉強しています。

昨日は、中学1年生・2年生の集団5科の国語・理科・社会の授業でした。
隣のブースでは中3生の数学の入試対策講座と通常授業をやっておりました。

中学1年生・2年生は演習が多いので「静」な空気、中学3年生は講師の説明に耳を傾けているので「動」の空気が流れています。
しかし、昨日の中学1年生・2年生は「動」な空気でした。

中学2年生の社会科で、中国・四国地方を学校で習っている生徒が「山陰?瀬戸内???」となっておりましたので、少しだけ解説をしたんです。

地図でイメージがわかない場合には、いつも模式図を書くことにしています。

で、その県で思いつくものを私なりに書いてみたんですけど、私の故郷の岡山県、結局「千鳥」しか思いつきませんでした(笑)
本当なら「ばらずし」とか「桃太郎」とか「水島工業地帯」とかいろいろあるんですけど、教科書で岡山県があまりフィーチャーされてないのも寂しかったですね(笑)

完全にメモ書きみたいなものになってしまいましたが、一通り説明すると問題もスムーズに解けるようになりました。

「先生、写真撮っていいですか?」
「ああ、ええよええよ」

と、この模式図をカシャしてました。

それでいいんです。たまには説明も必要ですからね。

さて、五ツ木模試を受ける中学3年生の皆さん。

今日は21時までですので、早く帰宅して明日に備えて下さいね。

Go  for it!!

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。