#502 大学入試までを見据えた「挑戦する教育」。

ある日の教室

こんにちは。藤井です。

今日も暑い日です。明日も暑くなりそうですので、熱中症とコロナには十分お気をつけ下さい。


さて。

夏期講習の真っ最中です。

中学3年生の英語の集団授業
中学2年生の集団授業
高校1年生の個別指導

どの授業も熱がこもっていますね!

授業準備はどの先生も手を抜くことはありません。
授業の中で小テストをやったりして、基本的な学習内容の定着をはかっています。

これだけは言えます。
住之江校のスタッフ・講師陣は全員、大学入試まで見据えた指導力を持っていると

それはそうですよね。
高校受験の先には大学受験があるのですから。

もっと言えば、小学校、中学校、高校は一続きなわけです。
小学校の学習内容が定着していないと、中学校、高校での内容を理解するのに相当な時間がかかります。

昨日も小学6年生の算数をやったんですが、速さとか割合とかの問題に手こずっておりました。
しかし、ここが踏ん張りどころだと思います。

何回も何回も粘り強く、地道に指導していくしかありません。

できないままで中学校へ進んでほしくないからです

創心館は小中高一貫の教育です。
そして、「できない、無理」とあきらめさせない、いわば「挑戦する教育」が柱になっています。

あきらめない。あきらめさせない。
そうした気持ちを持っているのが、創心館住之江校の講師陣です

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。