#499 過去問に触れるチャンスは早いうちがいい。

ある日の教室

こんばんは。藤井です。

さて。

早いうちから入試問題とはどんなものかを知っておく必要があります。
入試問題の過去問をやるのはまだ早い、というのは正直賛成できません。

そこで、今日の社会科の時間を使って、ある私立高校の過去問を演習してもらいました。

基本から応用まで、幅広く出題されているものを選びました。
当然、難しいという意見が多数を占めました。

難しいのは当然です。
ほぼ初めて解いてもらったに等しいのですから。

しかし、学校の実力テスト、模試、そして入試ではこのレベルを解いていかなければなりません。
丸暗記では到底太刀打ちできない問題を出してくるのが、入試の社会科なんです。

受けた人、これはチャンスですよ。
これで復習をするかしないかで、もう差がつきますよ。


これから入試問題の過去問を解く機会が増えますので、いい勉強になったと思います。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。