#497 筆箱の中身、そろってます?

頭の中

こんにちは。藤井です。

今週もよろしくお願いします。

8月に入りまして、近畿地方はとっくに梅雨明けしました。
しかし、コロナの感染拡大が止まりません。

他の都府県でも、学校でのクラスターが発生したというニュースがあり、大阪も他人事ではありません。
また、気温もどんどん上がって熱中症対策もしなければなりません。

住之江校の生徒全員が、元気に夏を過ごしてくれることが一番の願いです。

お盆前の最後の夏期講習の週になります。
そして、8月7日(金)が小中学校の終業式で、8月10日(日)よりお盆休みに入ります。

真住中学校など、7月の終わりに実施された期末テストも返却されてきますので、今一度成績を整頓しておかなければなりません。
そして、2学期中間テストに向けて動いていかなければなりません。

最近、授業をしていて気づいたことがあります。

コメ粒ほどの大きさの消しゴムで一生懸命消している。
ノートが最後のページで終わっていながら、予備のノートを準備していない。
定規がないので、シャーペンの芯入れで線を引いている。
クリアファイルに入れずに、裸の状態でプリントを押し込んでいる。


心当たりありませんか?

これ、ストレスフルですね。
勉強もはかどりません。

そのわりには、筆箱の中にギッチリとラメのペンが詰まっているのも見かけます。

文具については、共有のものは塾でも用意していますが、それはあくまで緊急時のためのものです。

私もよく言います。

「シャーペンの芯はB以上がよろしい」
「シャーペンの芯は5本以上入れておきなさい」
「消しゴムは筆箱の中に最低2個以上は入れておきなさい」
「三角定規とコンパスはいつもバッグの中に入れておきなさい」
「授業プリントはクリアファイルに入れておきなさい」


……などなど。

まあ、筆箱を忘れてくるというのは論外なんですけれども。

私は、勉強の「べ」ってそういうところなんではないかと思いますね。

文具不足でストレスフルな勉強になってしまうと、先へ進めませんからね(-_-;)



ちなみに、私の筆箱の中身に入っているのはこの子たちです。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
頭の中
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。