#491 教科書91ページ分、ワーク58ページ分の試験範囲って…。

ある日の教室

こんにちは。藤井です。

世間は4連休の3日目だそうですが、住之江校は本日も朝9時から開放しています。

大阪のコロナ感染者が日に日に増え、第二波が来ていると言ってもいいでしょう。

マスク着用、手洗い、消毒…。こうした日々の感染防止策を一番に考え、今日も手を洗っています。


さて。

真住中学校の生徒は、来週の木曜日と金曜日が期末テストです。
特に3年生の社会科の範囲が、教科書91ページ分、ワーク58ページ分、授業プリントにして31枚分あります

これで一体どうやって問題を作るんでしょうかね?

コロナの影響で、たまっているカリキュラムを何とか追いつかせて終わらせたいという学校の立場も否定できませんが…。

でもですよ。
数学や理科の試験範囲でも30ページ分くらいですので、社会科だけなぜこんなに多いのが不思議でしょうがありません。

これまでの熱血期間の自習を見てましても、社会科のワークに必死に取り組んでいる生徒ばかりでした。
決して、生徒のペースが遅いとかいうわけではなく、ワークにして58ページ分ありますから、それらを終わらせるのに物理的に多すぎるからなんです。


そこで、私の出番でございます。

午後を使って演習&解説特訓をやりました!

お互いの貴重な時間を使って特訓をやるわけですから、とにかく何を覚えておけばよいかをしっかり把握させて、テストに臨ませたいと思います。

範囲をいまさら変えるわけにはいきませんし、与えられた範囲の中で仕上げていきます。


しかしですよ。

もうちょっと試験の範囲については各教科バランスよく設定して頂きたいものですよ

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室頭の中
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。