#480 「覚えるだけ」で済むほど社会科は甘くない。

ある日の教務

こんにちは。藤井です。

今日は、第3回の五ツ木模試です。このブログがアップされる頃は試験中だと思いますが、受験に行っている皆さんは、がんばって下さいね!

一方で、日曜日の熱血で朝からがんばっている生徒がいます。明日から住之江中学校が期末テストに入り、その後は加賀屋・住吉第一と続いていきます。
8時49分、一番目の生徒が塾に来て、すぐに勉強を始めました。

9時からのスタートで11分の差は大きいですね。

時間がもったいないという感覚をもって勉強しているので、その分アドバンテージをつけることができますね。


さて、私は高校1年生の世界史特訓をやりました。
学校の授業プリントは時系列がバラバラなので、一度ざっと時系列で説明してから、チェックテストをすることにしました。


チェックテストをすることによって、知識の不十分なところを再確認して、もう一度テストをする

覚えただけでは何にもなりません。とにかく出すことに専念しないといけません。
午前の部が終わる前にフランス革命の途中までチェックテストをしましたが、なかなかよくできていました。

午後にフランス革命の残りをやることにしています。
テスト本番はまだ先なんですが、この時点で知識確認をして、テスト前にもう一度チェックをするようにすればいいと思います。

「覚えるだけ」で済むほど、社会科は甘くないですよ

きちんとチェックテストをして、知識の確認をしておかないといけないのは、中学生でも高校生でも同じですね。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。