#466 中2、枕草子の暗唱に挑戦しています。

ある日の教務

こんにちは。藤井です。

昨日、住之江中学の2年生と枕草子の暗唱チェックをしました。

学校で暗唱テストがあるというので、予行演習ですね。

「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは…」

中学2年生になると古典の授業も本格的になってきますが、枕草子や平家物語など、有名な古典作品を暗唱できる人も減ってきたように思います。

もちろん、歴史的仮名遣いと現代的仮名遣いの違いはありますが、学校の授業を通して古典作品にしっかり親しませてほしいと思います。

入試でも古典は登場しますが、中学校で学習する古典文法はさほど多くありません。

例えば「をかし=趣がある。面白い」など、現代の言葉と混同しやすい古典単語を覚えることと、「こそ――已然形」のような呼応を軸に覚えておくことをアドバイスしておきます。

高校の古典のように人物がいくつも登場したり、古典単語帳で500も600も暗記しなければならないことはまずありません。

その前段階として、少なくとも有名な古典については、イントロや有名な部分だけでも暗唱できるようにしておくと強いですね。

ただですね、日本国憲法の前文暗記とかはあまりお勧めできません。
同じ日本語でも結構難しいですからね。それよりは、前文に書かれていることが箇条書き的に言えるようになればいいのではないでしょうか。

暗唱できるようにするためには、音読をくり返すこと

これは僕がいつも言っている通りですね。

お知らせです。

6月28日(日)は住之江校は閉館日です。その代わり、住吉本部校で朝9時~夜9時まで自習できます
また、英語検定も実施されます。住吉本部校が会場となっていますので、受検する人は、時間に遅れないように集合して下さい。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。