#464 人より多く塾で過ごす。

ある日の教務

こんにちは。藤井です。

昨日から出勤している講師全員に、昨日ブログでお知らせした「大阪府公立高校入試の出題範囲」についての資料を渡しました。
中学3年生を担当しているしていないに関わらず、高校入試の動きを共有して、住之江校として「範囲が減らされても、いつも通り全範囲を指導していこう」という意識をもってもらうためです。

ですから、塾生の皆さん、どうぞ安心して授業を受けて下さい。
高校になっても困らないようにしていくのが、私たち講師の役割ですから。大丈夫ですよ。

さて、ご存知の通り、夏休み期間が短縮されました

通常ですと、夏休みは約4週間。
それが3週間短縮になったわけですから、ほぼ1か月分の学習時間を学校で補っていく形になります。

学校の授業の関係で、住之江校の夏期講習も、夜の19時20分からの75分×2コマだけになりました。

限られた時間の中で、生徒をガッツリひっぱっていくためには、授業だけでなく、自習する時間をどのくらい取れるかだと思います。
ただ座って作業的に何かをやっているのは、勉強とは言いません

こちらから具体的に指示をして、いついつまでにこれを仕上げなさい、いついつまでに英単語特訓に合格しなさい、というふうに言ってあげれば、勉強のペースもしっかりつかめていきます。

6月29日から熱血が始まりますが、もうすでに自分で熱血を始めている中学2年生もいます。
制服のままで塾に来て、熱心に英単語特訓をしている生徒もいます。

この差が1年先、2年先の結果につながっていくことは間違いありません。

中学3年生はなおさらです。

もちろん、学校の授業を無視するわけにはいきませんし、部活もがんばってほしいとは思います。

ただ、自分の置かれている立場をきちんと把握すること

その意識が欠けていては、6時間7時間と机に座っていてもダメなんですね。

講師も生徒も一緒になって鍛えられる住之江校を目指します。



創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。