#372 1年先、2年先を見据えて。

ある日の教務

こんにちは。藤井です。

中学1年生の英語と、中学2年生の数学は、それぞれの学年の内容が終わりまして、
さっそく次学年の内容に突入していきます。

中学1年生は重要単語暗記特訓をメインに、2年生になってから、いや、入試で困らないようにするためにガンガン覚え込ませています。
テキストにある単語の過去形は何かを、口頭で答えてもらい、そのあとは筆記で確認します。
「読み、書き」の基本を忘れず、間違えてもいいのでしっかり答えてもらうことを軸に置いています。

中学2年生は、今日の時点で確率の説明が終わる予定ですので、そこからは中学3年生の1学期内容、主に式の計算に入っていきます。
もちろん、2月下旬に学年末テストも控えていますので、対策冊子を早めに渡して意識させたいと思っています。

先取りをやって、余裕をもって。

中学3年生に負けないように、1年後、2年後を見据えて鍛えていきたいと思います。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。