生きる力プロジェクトが行われました

未分類

昨日、1月12日(日)、創心館では『生きる力プロジェクト』を行いました。

今回は「雪山に行こう」ということで六甲山に行ってきましたよ。

大阪に住んでいるとなかなか雪と接する機会が少ないですよね。
低学年の子だったらもしかすると積もっている雪を実際に見たことがないという子もいるかもしれません。
創心館では子ども時代に様々な経験をしてもらい、机の上でする勉強ではなく、社会に役立つ知識や考え方を身につけてもらいたいと思っています。

ということで引率の講師は7時半集合。子どもたちは8時集合。と、なかなかヘビーな企画になっております。

前回もバスで移動したのですが、山道のくねくねで車酔いする子どもが続出したので、今回はできる限り高速道路で近くまで行くというルートを取りました。
最後は10分ほどくねくね道を通りましたが、昨年と比べるとだいぶマシだったようですね。

さて、到着してまずは雪だるま競争です。
班にわかれてどのチームが一番大きい雪だるまを作れるか競い合いました。
子どもたちって実は競争が大好きです。
みんな協力し、工夫しながら大きな雪だるまを作っていましたね。

続いて昼ごはんを食べたあとはそり滑りです。
何度も何度も繰り返しそりで滑って楽しそうにしていましたね。
子どもたちの体力には驚嘆させられました。
ときにはそりに二人で乗り、ときにはそりを譲り合い、一緒に仲良く楽しんでいましたね。

創心館の「生きる力プロジェクト」では、単に珍しい経験をするというだけではなく、あえて「班」を作ることで、協力する大切さ、人を思いやる大切さなども身につけてもらいたいと思っています。
今回も子どもたちは大切なことを学んでくれたのだと思います。

そして最後はスイカ割りならぬ雪玉割りです。
スイカ割りの要領で雪玉を割りました。
ここでも協力する姿が随所で見られました。

今回の「生きる力プロジェクト」も大成功だったと言ってもいいのではないでしょうか。
子どもたちのはじけるような笑顔がまぶしかったですね。

次回の予定はまだ決まっていませんが、詳細が決まりましたらまたご案内させていただきます。

次回もできるだけ多くの子どもたちと一緒にやりたいですので、是非とも参加してみてください。

創心館住之江校
この記事を書いた人
安延伸悟

子の幸せが親にとっての最大の幸せ。子を持つ親の気持に寄り添い、子・親・塾の3者が連携を取り、ともに成長していきたいと考えています。熱く情熱のこもった指導で、一人ひとりを丁寧に導きます。

安延伸悟をフォローする
未分類
安延伸悟をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。