#359 模試の復習は教科書にこだわること。

ある日の教務

こんにちは。藤井です。

今朝は、日曜日に行われたマーク模試の日本史を解いていました。

マーク式の問題なんですけど、文化史が多く出題されていましたね。

日本史選択の人にとっては避けて通れない分野です。
「あーいややなー」と思っている人も多いのではないでしょうか。

文化史は、まず教科書に載っている写真をチェックすることです。僕が解いていた問題でも、教科書には必ず載っている写真が出題されていました。

その時にチェックすることは、

①その文化財が何時代に属するのか。

②その文化財と当時の政治との関係はどうなっているのか。

の二点です。

これは高校受験でも同じことが言えるんですが、写真を「見た」だけで「時代」まで確認している人は少ないように思います。

写真は格好の入試の材料になりますから、すべての写真をチェックしておきましょう。

あとは、著作・業績と人物との組み合わせです。

これも教科書には一覧表として載せているものもありますから、これを使わない手はありませんね。

参考書をお持ちの受験生は、それを活用してもいいんですが、あくまでも教科書にこだわってほしいと思います。教科書をベースにして模試や入試問題が作られているのは、今も昔も変わりませんから。

この模試を受験された方は、復習する絶好のチャンスだととらえて、教科書での勉強に励んでほしいと思います。

本日から冬期講習が始まります。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。