#355  東大地理の問題から経済を学ぶ。

ある日の教室

こんにちは。藤井です。

トップ画像は、昨日の夜の自転車置き場です。

駐輪場としてお借りしていますので、近隣の方の迷惑にならないように講師が整理にあたります。生徒もお手伝いしてくれることもあります。

近隣の方や地域の方に愛される塾でなければなりませんから、自転車整理は最も大切な仕事の一つです。

さて、午前中に自宅に「東大のクールな地理」(伊藤彰芳著/青春出版社)が届きました。

社会科をやっている以上は、歴史だけでなく地理も勉強しなければなりませんので、この本とともに勉強していくことにしました。

何ページか読んだんですけれども、東大の問題をベースにした解説が非常に分かりやすく、特に経済に関する内容も豊富で読みごたえがあると感じました。

受験生だけでなく、社会人の方にも読んでもらいたい本として、僕のライブラリーの一つに加わりました。

いろいろと気づいたことをノートに書き留めて、授業をする上での材料にしていきたいと思います。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。