#345 考えて考えて考えて…。

ある日の教務

こんにちは。藤井です。

「自分の中でしっかり考える」ことこそ、力を伸ばすために必要なことです。
入試問題集とか、学校のワークとかでも、

図の読み取り、データの読み取り、図形の位置関係の把握など、

公立・私立を問わず「考える」力を試す問題が多いですよね。

その時に自分の中でどこまで考えているか。

考えもしない、解答解説を見ることをしない。

質問が悪いわけではなく、そのタイミングなんですよね。

「自分はここまでは導くことができたけど、最後の2択になって迷ったので手掛かりを教えてほしい」というのであれば、思う存分伝えるんですが…。

その生徒がどの部分から行き詰まっているのかを把握しないと、本当の力をつけさせることはできません。

考えて考えて考えて…。
それでもやっぱり無理だったというところまでいかないと。

その力が本当の力になるわけですからね。
問題とじっくり向き合わないと、高校に入ってから相当苦労します。
単純に答えが出る問題なんて、高校の定期テストではほぼないですからね。

ただ単に問題を解いて答えが出ればそれでいい、というのは、あまりにもったいないなという気がしますね。
小論文みたいに答えのないものにも将来的には挑戦していかないといけないわけですし。

そうしたことを学ぶのも、熱血期間ならではなんですよ。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。