#344  地図もいろいろな視点からみると面白い。

ある日の教務

こんにちは。藤井です。

最近、私立高校の社会科の入試を解いているんですが、
一風変わった面白い問題に出会うこともあります。

地図帳に載っているんですが、日本の裏側はどこにあたるか、という問題は、わりと出題されやすいんです。

ブラジルとアルゼンチンの沖合です。

さて、赤道を折り目として南北を逆にした場合、日本はオーストラリアのどこに位置するかという問題に出会いました。

これがなかなか判断が難しいんです。

地図を逆さまにしてみたり、反転させてみたりすると、また違った世界を見ることができます。

早稲田大学の入試問題で、世界地図を逆さまにした問題もかつてはありました。

入試問題は知識だけでなく、様々な視点を与えてくれますので、本当に勉強になります。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。