#337 「用語の意味を説明することができますか」という発問

こんにちは。藤井です。

先日、「八幡製鉄所」という名称が消えるというニュースを目にしました。
どうやら、「九州製鉄所八幡地区」となるようです。

そこで思い出すのが、八幡製鉄所が作られた経緯ですね。

日清戦争に勝利した日本は、下関条約で多額の賠償金を清から獲得し、原料を輸入するのに便利な北九州に巨大な製鉄所を建設しました。

教科書にも載っている写真ですね。
人間の大きさから考えると、当時としては世界でも有数の製鉄所となりました。

この中に伊藤博文がいるんですよね。

「八幡製鉄所」という用語だけで、どのくらいの内容が引っ張り出せるかですね。

北九州に建設したことから、北九州工業地帯の話に持っていける。
日清戦争が出たので、日露戦争までの話もできる。
九州地方の話から、シリコンアイランドの話もできる。

本当に無限につながります。

もちろん、授業ではすべてを話することはできないんですけれども、
ちょいちょい授業で触れていく程度ならいいのかな、なんていうことを考えております。

生徒には日ごろから、「つながり」を大事にしていかなければならないと伝えています。

丸暗記ではなく、つながりを大切にする意識をもって勉強してほしい。
授業でも「この用語の意味を説明してみて」と問いかけます。

そうしたことの繰り返しなんですね。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。