#323 一つのスタンド、一つのピッチ

未分類

こんにちは。藤井です。

昨日、ラグビーのワールドカップ準々決勝で日本は南アフリカに敗れ、ベスト8という結果になりました。

ラグビーの視聴率が40%を越えたと知り、それまであまりラグビーに興味を示さなかった人も、ラグビーの魅力に取りつかれたのではないでしょうか。

ラグビーのルールは複雑ですが、要は陣取り合戦なんだと思います。
相手の陣地にいかに攻め込んでいくか。
ボールの支配率を高くするためにいろいろな作戦を立てるんですね。
そこもまた、ラグビーの面白いところではないでしょうか。

僕がテレビ観戦をしていて、一つ気づいたことがあります。

それは、敵味方の応援団が入り混じっていることです。

野球で言えば、ライトスタンドはホームチームの応援団、レフトスタンドはビジターチームの応援団のように、わりとはっきりと分かれているんですが、
ラグビーは分かれていないんですね。
ラグビーというスポーツを敵味方関係なく、全員で楽しみ、エールを送る。

住之江校もそんな感じがします。
学年・学校関係なく、同じフロアに集まって勉強している様子。

まさに教室が一つのスタンドであり、ピッチのような感じですね。

今日もスクラム組んで、がんばりましょう!

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
未分類
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。