#261 悩みは分かち合うもの

ある日の教務


こんにちは。藤井です。

久々にブログ更新します。


毎回の熱血期間を通して思うことなんですけど。

社会科が苦手な生徒の気持ちを考えてあげないといけないなと。


苦手な教科でもやらないといけないのは生徒も分かってるんです。

でも、覚えるのが大変とか、用語が書けないとか、漢字が難しいとか。

社会科を苦手とする理由はいろいろあります。


その時に僕はこうアドバイスするんです。

読めるようになろう。

丁寧に書けるようになろう。

説明できるようになろう。

受験生になったら先手必勝でガンガン問題を解きまくろう。



僕も学生時代は、ひどく社会科が苦手でした。

だからこそ、 社会科を苦手としている生徒の気持ちは本当によく分かります。


じゃあ、僕は何をしてあげられるのか。


こまめに面談をして、生徒に的確なアドバイスをすること。

そして、 励ますことです。


悩みは分かち合うもの。


「何かあったら相談に乗るぜ」


この言葉が生徒にとって一番安心できるんです。


今日も、一緒に勉強ですね。



本日も創心館住之江校のブログにおいで頂き、ありがとうございます。


立ち話も、立派な面談ですよね。その中でいろいろとアドバイスできるんですから。


創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。