本当に頑張るとはどういうことか

ある日の教室

月曜日からほとんどの中学校で1学期期末テストが行われます。

期末テストに向けて創心館では「熱血」中です。

今日は土曜日ですので朝の9時から晩の9時まで。
授業のある生徒は晩の10時まで。
ひたすら勉強に取り組みます。

上の写真は朝の9時5分頃の写真です。
みんなペンを持ち、手を動かしています。

9時のチャイムが鳴ると同時に一気に集中モードに入ります。

今回の熱血は新入塾の生徒が数名いましたが、
塾生たちの創る雰囲気に巻き込まれ、
同じように集中して頑張ってくれています。

想像してみてください。
定期テスト前とはいえ、朝の9時には集中モードで勉強している中学生を。

これだけやれば誰だって成績は上がります。
実際、創心館に入った生徒はほぼ全て成績が上がっています。

本気で頑張るとはどういうことか。
「自分なりに頑張っている」と「誰が見ても頑張っていると言える状態」では全く違います。

創心館の生徒たちは誰がどう見ても頑張っていると言えるでしょう。

月曜日からのテストが楽しみです。

創心館住之江校
この記事を書いた人
安延伸悟

子の幸せが親にとっての最大の幸せ。子を持つ親の気持に寄り添い、子・親・塾の3者が連携を取り、ともに成長していきたいと考えています。熱く情熱のこもった指導で、一人ひとりを丁寧に導きます。

安延伸悟をフォローする
ある日の教室
安延伸悟をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。