#260 実力がついたと感じる時は?

ある日の教務

こんにちは。藤井です。


急に蒸し暑くなったように感じますが、くれぐれも熱中症には気をつけて下さいね。


ところで、「実力」って、どんな時についたと感じますか?


小テストで満点取った時ですか?

定期テストで前回よりも成績が上がったときですか?

模試でA判定やB判定が出た時ですか?


僕の理解としては、「物足りなさを感じた時」ですね。


国名も都道府県名も、どんな時でもスラスラ言えるようになった。

時代名を順番通りに言えるようになった。

英単語が意味もつづりもスラスラ言えるようになった。


これはこれですごいことなんですよ。


でも「何か物足りねえな」って感じたら、その分だけ実力がついていることだと思いますよ。


連立方程式はどんなパターンでもほぼ解けるようになった。

じゃあ、入試ではどんなのが出ているんだろう?


戦後のところはある程度説明できるようになった。

じゃあ、入試ではどのような形で出ているんだろう?


常に物足りなさを感じる勉強を続けてほしいです。

本当に実力をつけたければ。



本日も創心館住之江校のブログにおいで頂き、ありがとうございます。


消しカスをきちんと捨てて帰る生徒、

椅子をきちんと入れて帰る生徒、

授業の最初に「おねがいします」「ありがとうございました」がしっかり言える生徒、



みんな合格します!

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。