#252 「僕が言わないのに」~小学4年生の熱心な姿を見て

ある日の教室

こんにちは。藤井です。

 

今日は土曜日ですが、朝9時から塾は開いております。

 

中学3年生も朝から来てがんばっておりますが、

小学4年生の女の子が朝9時過ぎにやってきました。

 

img_5662

↑学校で出された漢字の課題プリントに熱心に取り組んでおります。

 

この生徒は、普段は国語と算数を僕が見ているんですが、

ゴールデンウィークの課題として、25問の漢字プリントを4枚渡して、

ゴールデンウィーク明けの最初の授業でテストをしてみたんです。

 

結果は、1問間違いの99点。

よくできたと思いますが、本人は納得いかない様子。

1問間違えたことを悔やんでおりました。

 

その1問を大事にできるかどうか。

彼女は裏面に間違えた漢字を何度も丁寧に練習しておりました。

 

算数でもそうです。

「がい数」のところでかなり苦戦しておりまして、僕も追加のプリントを用意していたんですけど、

彼女の方から、「がい数のプリントをできるだけたくさん下さい」と申し出てきたんですね。

 

僕が言わないのに。

 

「できるようになりたい」

 

その一心で、家で必死にプリントを解いていたんですね。

間違えた問題をできるようにするために何度も何度も反復する。

 

僕が言わないのに。

 

今日も、僕が来なさいとも何とも言っていないのに、自らの足で塾に来て勉強しているんです。

こういう生徒を本気でできるようにしてあげたい。

 

小学生のうちからこういう姿勢が身につけば、

中学でも高校でも、勉強する習慣はそう簡単にはくずれないんです。

 

もちろん遊びと勉強のメリハリもつけながら。

しっかりと見守っていきたいと思います。

 

本日も創心館住之江校のブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

明日6月2日(日)は完全休校日とさせて頂きます。

その代わり、家での自習時間をしっかりとってもらえたらと思います。

 

よろしくお願いします。

 

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。