中間テストを終えた後のとある中2の生徒の話

ある日の教室

中間テストが続々と返却されています。

中3Aクラスでは100点の報告をいくつも聞いています。
中3のテストで100点というのは本当に素晴らしいと思います。
ひとつのミスもなくテストを終えることができたということは、その裏には膨大な勉強時間があったことでしょう。
99点と100点の間には勉強時間に非常に大きな差があります。
120点、140点取れるくらいの勉強時間がかかったと思います。
本当によく頑張りました。

一方で思うような点数が取れなかったという人もいます。
終わったテストの点数を変えることはできません。
変えることができるのはこれからの点数だけです。
今回のテストの何がいけなかったのか、しっかりと分析をして、次に活かしてください。

今日はとある中2の生徒と少し話をしました。
今回の点数は444点です。目標の450点に届きませんでした。

もちろん444点というのは非常に優秀な点数です。
目標点に及ばなかったとはいえ、立派な点数です。
しかし彼女は悔しがっていました。

原因は社会の81点です。
なぜ社会が81点にとどまってしまったのか。
話を聞いていると、社会まで手が回らなかったのが実情のようです。
テストの前日の段階でワークが覚えきれていない、
なんとか前日に詰め込んで80点は超えましたが、思うような点数が取れなかったのは明らかに勉強時間の不足です。

次回は今回の反省を活かして、早めに社会に取り組むと言っていました。

今日自習に来ている中2生は彼女一人。
黙々と社会に取り組んでいました。

反省を次に活かすというのはこういうことなんだと思います。
原因を分析して明らかになったあとは、すぐに行動に移すのです。
原因が分かったところで、それに対処しなくては何も変わりません。

彼女はきっと次は目標の450点を超えてくれるでしょう。

素晴らしい姿勢を見せてくれました。
塾としても全力で応援していきたいと思います。

創心館住之江校
この記事を書いた人
安延伸悟

子の幸せが親にとっての最大の幸せ。子を持つ親の気持に寄り添い、子・親・塾の3者が連携を取り、ともに成長していきたいと考えています。熱く情熱のこもった指導で、一人ひとりを丁寧に導きます。

安延伸悟をフォローする
ある日の教室
安延伸悟をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。