#227 勉強のリズムを確立するために大切なことは…

ある日の教務

おはようございます。藤井です。

今日も気楽にお読みくださいね。

 

昨日は、午前中に五ツ木模試の模擬テストを実施し、

夕方から夜にかけて多くの生徒が自習に来ました。

 

↑中3の生徒が海野先生に質問をしています。

 

勉強において大事なのは、

「あやふやなところを放置せず、質問で解決すること」です。

 

問題を解いていれば、必ず不明な点が出てきます。

 

その時に、

「こんな質問していいんだろうか」

「質問になかなか行けない」

という人もいるかと思います。

 

そこで、講師が生徒に声かけをしていくんですね。

「大丈夫?いけてる?」

「質問あったら何でも聞きや」

 

このさりげない一言が大事なんですね。

最初のうちはなかなか質問に行くのが億劫でも、

講師とのコミュニケーションが取れていけば、自分の足で質問に来るようになります。

 

そうなれば、勉強のリズムも確立していきます。

講師が生徒からの質問を待つのではなく、講師が声かけすること。

 

今日も夜9時までまいります。

 

本日も創心館住之江校のブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

↑こちらはゴールデンウィーク課題の小テストです。

きちんと自分で範囲分を取り出してやっていましたね。

 

合格したら僕のハンコをもらいます。

 

出来具合も上々でした。

がんばってな!

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務ある日の教室
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。