#195 板書だけではなく話したこともガンガンメモをする授業

ある日の教務

どうも、藤井です。

今日も気楽にお読みくださいね。

本日はお休みを頂いておりますが、

ブログに休みはありません。

本日のテーマは、

昨日の中学3年Aクラスの社会科の授業です。

いつものように板書付きです。

テキストの練習問題を20分で解いてもらい、解説をしていきました。

①宗教の登場順

中学2年生の授業でも触れたんですが、

それぞれの宗教や学問のことについては、

ほぼ理解していますから、

どの順ででてきたかを簡潔に紹介しました。

②防人について

読みはもちろん、内容についてややレベルを上げました。

難関私立高校を受験する生徒が多いですから。

3年間東日本の農民が対象であり、

武器や食料は自腹だということも伝えました。

③奈良時代の寺院

基本的な内容ですが、スルーするわけにはいきませんので、

比較という観点からまとめました。

いつもに比べて板書は少ないんですが、

僕が口頭で説明したことを、ノートやテキストにガンガン書き込んでいましたね。

とにかく知識吸収したい。

僕が話すことを逃さないという姿勢。

入試を迎える頃には、

とてつもない知識を持っていることでしょう。

その姿勢を貫いていくことの大切さを、

毎回の授業で伝えていきます。

今日もがんばってな!

本日も創心館住之江校のブログにおいで頂き、ありがとうございました。

東京は桜が満開になりましたね。

大阪もそろそろ満開になりそうですね。

楽しみです!

スマホから投稿してますので、

もし読みにくかったらすみません…。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。