#186 社会科以外の教科にも目を向ける大切さ

ある日の教務

どうも、藤井です。

今日も気楽にお読みくださいね。


社会科を伝えて思うことは、

社会科以外の教科にも目を向けることが大事だなと。


気候のところを説明するのに、理科の知識を借りなければならない時もありますし、

家系とか環境問題を説明するのに、家庭科の知識を借りなければならない時もあります。

平家物語を紹介するときには、国語の古典の知識も要ります。


全教科総動員で社会科を伝えていかなければならないんですね。


知識はありすぎて困ることはありませんし、

社会科以外にも目を向けることで、

多方面から社会科へきりこんでいけると思います。


本日も創心館のブログにおいで頂き、ありがとうございました。


いろいろな先生の授業見学をして、

どんどん参考にしていきたいと思います。


2019年度もスタートしますので、

僕の新たな目標がまた一つできました。

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。