#175 テキストの選び方と勉強できる幸せ

ある日の教務

どうも、藤井です。



今日も気楽にお読みくださいね。



今日は、テキストのお話です。



僕個人の考えなんですが、



塾で使うテキストを選ぶ基準というのは、



生徒が使いやすいものでなければなりません。




このテキストなら力がつくという感覚を、生徒が持ってもらえるように。




講師はどんなテキストでも、



その使い方を研究して、授業に臨んでいます。



社会科のテキストは、どれも本当によくできていますけど、



僕がどのように使わせるかが大事なんですよね。




せっかく中身の濃いテキストであっても、



講師が使い方を適切に生徒に伝えることが大切ですね。




僕もテキスト研究を怠らずに、



まだまだ勉強でございます。




本日も創心館のブログにおいで頂き、ありがとうございました。



勉強を通して幸せになってほしい。



生徒も周囲の人も。



勉強のサポーターとして、今日も授業をがんばります!

創心館住之江校
この記事を書いた人
藤井宏昌

宣言します。塾・予備校講師・私学教員の経験で蓄積してきたノウハウを、思う存分子供たちに伝えます。子供たちが「これが分かった」「点数が伸びた」という喜びを一緒に味わえるよう、全力で指導します。どこにも負けないプライドをもって、私も日々勉強します。
一緒に力をつけていきましょう。

藤井宏昌をフォローする
ある日の教務
藤井宏昌をフォローする
ある日の教室 ~創心館住之江校~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。